市販でも買えるアミノ酸シャンプー『いち髪』選ぶならこのシリーズ

市販のアミノ酸シャンプーで人気なのが『いち髪』です
TVCMでもお馴染みのKracie/クラシエというブランド力から人気になるのもうなずけます。

いち髪を選ぶ上での注意点

いち髪を選ぶ上での注意点をあげるとしたら『いち髪』ならどれでも大丈夫ということではありません。
いち髪にはドラッグストアを中心に販売されている『ふんわりボリュームアップケアシャンプー・コンディショナー・トリートメント』と『なめらかスムースケアシャンプー・コンディショナー・トリートメント』と『濃密W保湿濃密W保湿ケア シャンプー・コンディショナー』この3シリーズと、いち髪ナチュラルケアセレクトシリーズの『スムース シャンプートリートメント+ヘアパック』と『モイストシャンプーペア+ヘアパック』この2シリーズに別けられます。
それぞれのシリーズのタイプによってアミノ酸系洗浄成分が異なる作りになっていて、髪質や悩みによって使い分るためには当然といえます。

いち髪からシャンプーを選ぶなら

いち髪のシリーズに配合されているアミノ酸系の洗浄成分を比較してみるとその答えが自ずと見えてきます

いち髪『なめらか』『ふんわり』『濃密w保湿』の3シリーズ

アミノ酸弱酸性シャンプー・マイナチュレ
「なめらかスムースケア」、「濃密W保湿ケア」、「ふんわりボリュームケア」の3ライン共通の洗浄成分
『ラウロイルサルコシンTEA』はアミノ酸のひとつであるアラニンと脂肪酸からつくられるアミノ酸系の洗浄剤です。低刺激のシャンプー基剤として配合され、シャンプー中の指通りが良くなると言われています、またアミノ酸系界面活性剤ではめずらしく殺菌作用があるといわれている成分です。ただし優れた湿潤性と温和な脱脂力も有している反面、洗浄力に関しては石けんに劣らず硫酸系と同等の洗浄力があるため、粘膜への刺激性やアレルギー性などから旧表示指定成分だったのも事実です、それに加え、石けん、シャンプー等の直ちに洗い流す化粧品以外の化粧品には配合不可の成分で、化粧品には使ってはいけないネガティブリスト収載されている成分です。

いち髪ナチュラルケアセレクトシリーズ

市販でも買えるアミノ酸シャンプー『いち髪』選ぶならこのシリーズ
いち髪ナチュラルケアセレクトシリーズ洗浄成分
ナチュラルケアセレクトシリーズの洗浄成分は『ラウラミドプロピルベタイン』ベタイン系で同じアミノ酸でも成分が全く異なります。皮膚および眼粘膜に対する刺激が極めて低いとされていて低刺激でマイルドな洗浄力はベビーソープなどでも採用されている優しい成分です。

 

もうお分かりですよね?
いち髪を選ぶなら→ナチュラルケアセレクトシリーズの『スムース シャンプー・トリートメント+ヘアパック』と『モイストシャンプー・トリートメント+ヘアパック』どちらかの選択になります

いち髪を価格から選ぶとしても

市販のドラッグストアのセールなどを除けばふんわりボリュームアップケア、なめらかスムースケア、濃密W保湿ケアともに665〜694円で販売されています
ナチュラルケアセレクトシリーズは単品(480ml)で1,218円セットなら2,436円前後で販売されていますが、髪の事を考えても3シリーズはちょっと使いにくいと思います。
いち髪+アミノ酸系という条件なら最低でもナチュラルケアセレクトシリーズになります

 

いち髪から選ぶメリットをあまり見つけられない

いち髪はアミノ酸系シャンプーをお手頃な価格で使えるというのが一番のメリットだと思います。
でも、知り合いから薦められた、価格が安いから、香りが好み等、シャンプーを選ぶ上では間違った判断といえます。髪が元気な時はそれでも良いのかもしれません。人それぞれ肌質、髪質が違います、サンプルなどでは香り程度しか確認出来ません、2・3日程度の使用感では本当に自分に合っているのかの判断は難しいところです。
いち髪もよく出来たシャンプーだと思いますし当然ながらいち髪にも「合う・合わない」という方が存在します、これからシャンプーを替えたいと思っている方には予算も当然あると思いますが、返金保証が付いた良質な成分で作られたシャンプーから選んで使ってみるのがベストな選択だと思います。